「のけものアニマル - きみといきる。」記録集

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クロネコDM便

    ポストカード・ステッカーまたは記録集2冊までの場合選択可能
    ポストに投函・配達

    全国一律 200円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 400円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

動物や生き物をテーマにした展覧会の記録集です。
  
=================
 
■概要
 
「のけものアニマル - きみといきる。」記録集
 
出展作家:サエボーグ、佐野美里、高橋真菜、塔本シスコ、星清美、渡邊義紘
展覧会会期:2015年7月18日(土)〜 2015年10月4日(日)
 
寄稿:「静かな場所から」藤谷玉郎 
テキスト:「『のけもの』の気づき」小林竜也
 
サイズ:A5
ページ数:36ページ
 
展覧会企画担当:小林竜也
編集:はじまりの美術館
撮影(展示風景):ケニア・ドイ
デザイン:はじまりの美術館
カバーデザイン:ウチダゴウ(してきなしごと)
 
発行:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
 
=================
 
■展覧会コンセプト
 
わたしたちと動物との関係は多様です。野に生きる生き物たちは、自然の生態系のなかで暮らしながら、ときに人と争わなければいけないこともあります。ある動物は人のために、血となり肉となる家畜として生きることもあります。またペットとして、人と家族のように暮らす生き物は、人を癒すこともあります。

このように人と身近に生きる動物たち。ある作家は動物と人の営みを映し出し、ある作家はユーモラスに形作り、ある作家は思いがけない材料を使って動物を生み出します。彼らが生み出す動物や生き物たちの見つめる先には何が映っているのでしょうか。

私たち人もまた動物です。しかし、現代社会において環境や生物の多様性を考えたとき、私たちが原因でそのサイクルを脅かしているように感じます。展覧会タイトルの「のけものアニマル」は、動物や生き物、自然のサイクルからはずれた私たち人です。本展を通して動物や生き物たちのことを改めて考え、そしてそこから私たちの暮らしを見つめ直す時間となることを願います。
 
https://hajimari-ac.com/enjoy/exhibition/animal/

ショップの評価

  • 「えらぶん:のこすん:つなげるん」記録集

    「えらぶん:のこすん:つなげるん」記録集

  • 「無意味、のようなもの」記録集

    「無意味、のようなもの」記録集