「プランツ・プラネッツ」記録集

¥ 550

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クロネコDM便

    ポストカード・ステッカーまたは記録集2冊までの場合選択可能
    ポストに投函・配達

    全国一律 200円
  • レターパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 400円

※5,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

「プランツ・プラネッツ」記録集
 
展覧会会期:
2017年7月29日(土)―2017年10月22日(日)
 
出展作家:
浅野春香、今村文、片桐 功敦+ I am flower project、蒲生卓也、鈴木祥太、宮原克人、吉田あさぎ
 
会場:はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町4873)
 
主催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
協力:西会津国際芸術村、福島県立博物館、公益財団法人東北障がい者芸術支援機構、NPO法人エイブル・アート・ジャパン、筑波大学宮原克人研究室、オハラ☆ブレイク実行委員会
後援:福島県、福島県教育委員会、猪苗代町、猪苗代町教育委員会、あさかホスピタルグループ
 
=================
 
私たちはこの星のカケラです。


ものを食べ
呼吸し
排泄する。

私たちの身体は、常に巡り続けるこの星の一部でできており、
それは、この星の命すべてにあてはまることです。

なかでも植物は、
大地に根を張り、大気に葉を茂らせ、実を結び
循環そのものを生きています。

昔からヒトは、「才能の花が開く」「努力が実る」など
人生の折々を、植物になぞらえ表現してきました。
植物は、衣食住すべてに関わりが深い、ヒトに最も身近な命とも言えます。

一方、ヒトは豊かで幸せな暮らしを求め、
効率性や生産性を高める仕組みを作ってきました。
物質的な豊かさを享受する一方で、環境に負荷をかけ、個々の独自性は軽視され、
社会は柔らかさを失っているかのようにも見えます。
「持続可能な社会」「多様性を尊重する社会」が叫ばれて久しくなりますが、
これらの言葉はどこか他人ごとのように響きます。


本展では、植物に関わる作品を制作する7組の作家を紹介します。
身の回りの植物をはじめ、植物の多種多様な在り方に目を向け、
ほんとうの意味で、豊かで幸せな暮らしとは何かを考えます。
作家たちは、植物に何を見ているのでしょうか?

この種があなたの中に宿り、何かが芽生えることを願います。
 
=================
 
[展覧会]
企画担当:岡部兼芳(はじまりの美術館)
企画構成:はじまりの美術館
広報物デザイン:Studio ITWST
 
[記録集]
編集:はじまりの美術館
執筆:岡部兼芳、小林竜也、大政愛、関根詩織
写真:白圡亮次
デザイン:Studio ITWST

寄稿:「『プランツ・プラネッツ』を見て」矢部佳宏

サイズ:A5
ページ数:46ページ

発行日:2018年3月1日

https://hajimari-ac.com/enjoy/exhibition/plantsplanets/

ショップの評価

  • 「えらぶん:のこすん:つなげるん」記録集

    「えらぶん:のこすん:つなげるん」記録集

  • 「無意味、のようなもの」記録集

    「無意味、のようなもの」記録集